左右の分水嶺としての大日本帝国

媒介する思考が求められている。
昨年の暮れ、WJFプロジェクトは、大変光栄なことに、青山学院大学総合文化政策学部教授、中野昌宏氏から次のような感想をいただきました。


中野氏は、ツイッターで安倍政権を批判されている方ですが、中野氏に負けず劣らず、安倍政権や自民党やインチキ保守勢力を辛辣に批判してきたWJFプロジェクトであっても、わずかでも日本を礼賛したり、歴史問題や領土問題に関して韓国や中国に抗弁しようとする姿勢を見せれば、左派の人たちからは、「キモい」とみなされてしまうようです。

自国のナショナリズムを盲目や狂信として嘲り嗤いながら、他国のナショナリズムから発信される意見に日本人が抗弁することを一切認めず、他国民のナショナリズムに安易に迎合していく左派の人々の姿勢は矛盾していますし、同様に、自国のナショナリズムは礼賛するのに、他国のナショナリズムを盲目や狂信として嘲り嗤う右派の人々の姿勢も矛盾しています。

正しくは、他国民のナショナリズムを尊重するならば、自国民のナショナリズムも等しく尊重すべきですし、他国民のナショナリズムを批判するならば、自国民のナショナリズムも等しく批判すべきです。

中野氏のプロフィールに「反大日本帝国」という言葉が掲げられていましたので、現在は使用していないツイッターのアカウントを使って、次のような問いを投げかけてみましたが、質問をリツイートしていただいたものの、結局、答えはいただけませんでした。


執筆中の「グローバリズムと神道」や、制作中の南京虐殺に関する動画に関連のある問いですので、下のように、より長い文章に敷衍してみました。
 
大日本帝国は一つの分水嶺である。これを是とすれば、いわゆる戦後右翼の立場が生まれ、これを非とすればいわゆる戦後左翼の立場が生まれる。

しかし、大日本帝国が私たちに投げかける問題は、是非の二値で片付けられるほど、単純ではない。

言うまでもなく、大日本帝国は、最終的に幕藩体制へと結実した中世封建制が成立する以前の、律令国家体制もしくは王朝国家体制の復興(restoration)という伝統への回帰と、欧米からもたらされた非日本的な新しい「文明」の受容という、一見相反する二つの要素の結びつきによって生まれた体制であった。

仮に、大日本帝国を「是」としてみよう。その「是」は一体どこに由来するのか。

その「是」は、大日本帝国が回帰しようとした日本の伝統や民族性に由来するものなのか。欧米から受容した新しい「文明」に由来するものなのか。はたまた、両者の結びつきに由来するのか。

逆に、大日本帝国を「非」とみなした場合も、同じ問いが浮上する。その「非」はどこに由来するのか。

大日本帝国が回帰しようとした日本の伝統や民族性に由来するものなのか。欧米から受容した新しい「文明」に由来するものなのか。はたまた、両者の結びつきに由来するのか。

大日本帝国が受容したのと同一の「文明」の中に、私たちが現在も置かれており、かつ、大日本帝国が回帰しようとした伝統や民族性の中に、私たちが産み落とされたことが、一つの逃れがたい宿命であるのならば、大日本帝国が私たちに提示する「文明」と「民族性」の相克と結合という本質的な問いを、深く、緻密に思索することを避けていては、大日本帝国が隆盛を極めていた時代以上に、「文明」が圧倒的な力をもって、地球のすみずみまでも、「隈なく」=「神なく」呑み尽くそうとする、二十一世紀のグローバル化の時代を、私たち日本人は、生き延び、乗り越えていくことができないだろう。

大日本帝国が根底に抱えもつ「文明」と「民族性」の複合性は、これを単純に礼賛して右翼に堕したり、これを単純に唾棄して左翼に堕するような、安逸な思考の停止を私たちに許さないのである。

明治維新以来の、いや、さらに元をたどれば、日本列島に農耕がもたらされた弥生時代以来の、さらに元をたどれば、おそらくは人類が誕生して以来の、「文明」という、普遍性を志向する人間の性向と、「民族性」という、特殊性の中にとどまろうとするという人間の性向の、二つの絡み合いの問題を解き明かさなければ、その延長線上に展開するグローバリズムの問題も正しく克服していくことはできないのではないかと考えます。

従って、従来の型どおりの「右翼」も、従来の型どおりの「左翼」も、グローバリズムや安倍政権に正しく対峙することはできません。

既成の模範解答(イデオロギー)に落ち込むことを注意深く避ける、批判的で、媒介的で、クリエイティブな思考がもとめられています。

「右翼」による賛美や、「左翼」による嫌悪という、典型的な姿勢とは異なり、「多元的保守」は「明治体制」を肯定も否定もしません。「明治体制」を理想化もせず、同時に、日本の歴史から排除も切断もしません。縄文時代から現代に至る、日本人の歴史的歩みの総体の中に、「明治体制」を相対化すると同時に、包摂しようとします。

(出典: WJFプロジェクト「『多元的保守』とは何か(6)」2014年9月20日 )

大日本帝国(明治体制)という時代は、「縄文から現代に至る日本人の歴史的歩みの総体」の一部にすぎません。

自分の身体の一部をことさら愛したり嫌ったりする姿勢がどこか不健全で病的なように、日本史の一時代を切り取って、ことさらこれを礼賛したり否定したりしてみせる姿勢も、不健全で病的なものであると思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと古いネタだけど、ジョセフ・ナイ氏が書いた「対日超党派報告書」って凄いヤバいよ!

その内容は以下の通り。

1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導する。

4、日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が出来る。

6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況を形成しておく事が必要である。

以上のように、米国は日本海の「パレスチナ化」計画を策定しており、米国は日本を使い捨てにする計画である。そして、この計画の下に自衛隊の海外活動が「自由化」され始めている。
http://www.closetgossipers.net/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%A8%E5%8F%A4%E3%81%84%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A9%E3%80%81%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E6%B0%8F%E3%81%8C%E6%9B%B8

No title

あけましておめでとうございます。

早速ですがこの大学教授と同じレベル発言をしてる人がいました。

↓はその人のブログです。安倍や新自由主義者の批判は別にいいんですが、このブログ主は、日本を絶対悪とし天皇制を差別の根源、伊勢神宮を侵略の象徴などと決めつけたり、論点がずれています。

http://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara 

このブログ主は、自分が安倍や安倍信者のような救いようがない国賊と同レベルに落ちていることに気が付かないんでしょうか?

この知性のないツイートが教授のものかと思うと暗い気持ちになります。

No title

↑それデマですよ

ソースはきちんと確認したほうが良いです。信じたいことを信じたり、自分より他人の考えをより信用するように進化してきたのは人間の困った性質ですね

権威の凋落

「これはキモい」なんて、大学の先生が発する言葉だろうか。
311、特に原発事故以降、大学教授の権威が凋落しているのに、ますます権威が軽くなる。
こんな教授でも学生の前では偉そうな講義をやってるんだろう。
高い金払って大学へ行く意義はなくなってるんじゃないか。
良質なブログをもとに、自分で学んだ方がよっぽどマシだと思う。

No title

とうとう自民党が2ちゃんでも言論統制はじめたらしいですよ。
詳しくはにちゃんニュー速+の朝生大森をスレ見てください。
自民党や安倍首相に不都合な書き込みすると削除されまくってる。
本当中国や北朝鮮を笑えなくなってますね今の日本は
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。