小説「グローバリズムと神道」(1)

第一章: 垂直方向上方から降りかかるもの (1)
 「明治の開国によって、我が国は、アジアで最初の近代化に成功し、大きな飛躍と発展を遂げました。あれから、ちょうど一五〇年が経過した三年前、我が国は、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった価値観を共有する環太平洋の国々と共に、公正で開かれた経済圏を作るため、TPP協定への批准を果たし、新しい百年への扉を開くことができました。わたくしは、日本の総理大臣として、二度目の東京オリンピックというこのグローバルなスポーツの祝典祭典を通して、世界の皆さんと共に、我が国の新しい門出を祝うことができることを、心からうれしく思います。」
 誇らしげな表情をたたえた、あの男の、以前にもましてむくみきった顔がテレビ画面いっぱいに映し出されたとき、私は、思わず目を背けずにはいられなかった。
 二〇二〇年七月二十四日。
 本日は、東京オリンピックの開会式の催行日。五輪開会に先立って、昨日行われた総理大臣会見の様子が再放送されていたのである。
 そうだ。あの男は、自民党総裁公選規程の改定によって、政権発足から数えて八年が経過したする二〇二〇年の今日も、総理大臣の椅子に座り続けている。
 福島の汚染水は「アンダー・コントロール」の状態にあると、あの男が、世界中の人々を欺いて勝ち取った五輪招致。それは「勝ち取った」というよりは、国民の上に「降りかかった」、一つの災厄に他ならないことが明らかになるまで、多くの時間を要さなかった。
 TPP批准から三年が経ち、私たちの国の風景はすっかり変わり果てた。もうどうにも後戻りのできない段階まで、この国の形は壊れている。私は、国の亡びを食い止めることのできなかった、敗れた国の、敗れた世代の一人である。
 なぜ、こうなってしまったのか。
 いつか、未来のどこかの時点で、私たちが犯した過ちを糺してくれる知恵と勇気のある人々が現れることを願って、私は、ここ数年におきた変化をつぶさに振り返り、書き記さずにはいられない
 たとえ、この手記が、地球外の知的生物に向けてパイオニア探査機と共に打ち上げられ,今も宇宙のどこかを漂うであろう、あの金属板のように、誰の目にもふれることのない独白に終わったとしても。

(つづく)

(執筆予定)
第一章: 垂直方向上方から降りかかるもの
第二章: 垂直方向下方に横たわるもの
第三章: 水平方向後方から呼びかけるもの
第四章: 水平方向前方に待ち受けるもの
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私が初めてあの男を意識したのは、小泉内閣で拉致問題が動き出した時だった。
日本人の胸に北朝鮮への怒りと憎しみが沸き立つ中、一際目立って北朝鮮を非難し、強気な発言を繰り返している男がいた。それが、あの男だった。

人々は力強く北朝鮮を非難するあの男の言葉に熱狂していた。
人々が、彼を自分たちの代表であり、
自分たちの思いの代弁者であると認めているのが肌で感じられた。
それなのに、そんな中で私は一人醒めていた。

私もみんなと同じように怒りと憎しみを抱いていたのだが、
みんなと同じようにあの男に拍手喝さいをおくる気にはなれなかった。

なぜなら私にはあの男が、拉致問題の解決を第一に考えている政治家ではなく、
露骨にこの問題を利用して、人々の北朝鮮への憎悪の受け皿になることで、
自分が人気者になる事だけを考えている嫌な政治家に見えたからだった。
私はどうしてこんな簡単なことがわからないのかと不思議に思い周りを見渡したのだが、人々は何かに酔っていて、正常な判断力を失っているかのようだった。

「嫌な政治家」。これがあの男の第一印象だった。そして私はこの後、
この第一印象が正しかったと、何度も何度も繰り返し思い知らされることになるのだった。

っと、私も過去を振り返りながら小説風に書いてみるのだった。

今だから言える事

私は20年前に統一協会でビデオ学習をした1人です。当時子供は2歳で幸せ一杯のころですがその内容に感動し「世界の一員として奉仕したい!」と心酔し始めた頃その名を明かされました。絶句!!困惑する私に「韓国は日本より情報化が進んでいて世界を牛耳る組織がバッグにいること、韓国を通さないと日本は立ち行かないエヴァの国であり、すでに大物政治家はお父様にひれ伏してる」と教えてくれました。悩んだあげく続けることが出来ませんでした。
受入られなかった理由は
1、聖書の素養があった事
2、学生時代の英文学講義の教材が「1984年」だった事
内容は、情報操作によって何が真実かにたどり着けない社会、エリートはがんじがらめで一挙一動まで支配者組織に監視され、一般大衆は蚊帳の外でただ小さな喜びの中生きている(脳は退化させられたかも)社会を描いています。教授は「こういう社会は気付かないうちに形成されて行く、しっかり目を開けていなさい。」と。
3、併合時代に祖父母はソウル郊外に駐在経験があり、「良くも悪くも半島の人とは距離を置くように」と。
お陰様で「一部の魅力的過ぎる人々」に心酔せずにすみました。が、協会側からみて「落ちた」私はその瞬間から重力を感じ、いきなり現実の世界に戻って立ち往生しました。協会に居る間は身も軽く地上1メートルをふわふわ浮いてる感じで世の中がキラキラして見えたから。いまでも友人は心酔状態ですが
それも人生、と緩やかに付き合ってます。
私は自分が見て感じられる範囲から良くしていきたい、まずは中央へ声を届けられる議員を育てるなどです。
Wjfさんのサイトは為になるのでこれからも拝読させていただきます。



家畜人ヤプー

神話も人体も西欧人に徹底的に改造されて、日本民族という崇高な<概念>が最終的に人間便器というおぞましい<物体>にさせられてしまった未来を描いた小説「家畜人ヤプー」。あの小説に描かれた世界がワーストな状態であって、三島由紀夫は、日本が、そのように変えられてしまう予言的可能性を、あの小説の中に見て絶望したのです。文学の力は大きいです。頑張って下さい。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。