日本の孤独

日本の特殊性と、その普遍性。
この記事は、旧ブログの記事「日本の孤独」(2011年8月15日)の一部を再掲したものです。日本の歩みを手放しに肯定するのでも、否定するのでもなく、他国から与えられた視点よりも、「自己認識の物語」としての、「一つの歴史的文脈によって有機的にまとめられた物語」としての歴史の回復が求められています。

戦後66年間、「アジアを蹂躙した残虐で貪欲な侵略国家」と揶揄されながら「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」黙々と歩いてきた日本。まじめにこつこつ生きて来たおかげで、今では、世界の人々から信頼されていますが、近現代史における日本のあゆみは、やはり孤独なものだったと思います。いまだに多くの人々から誤解をされている国、日本。もしかすると日本人自身によっても十分に理解されていないかもしれない国、日本。

日本が理解されにくいのは、日本という国が、諸外国のみならず、中国、朝鮮といった近隣諸国とも、ある意味で隔絶した歴史的文脈を生きて来たことが一つの原因として考えられます。歴史とは本来的には、国家や民族や集団の自己認識を支える「物語」なのですから、他国と異なる独立した文脈を生きて来たのであれば、その軌跡は、外部から押し付けられた文脈ではなくて、それ自身の文脈に即して解釈されなくてはなりません。しかし、日本人が「自己認識のための物語」としての歴史を編もうとすると、その作業を「歴史歪曲」と呼んで、かつて日本を夷狄として蔑んでいた中国や朝鮮(韓国)といった中華体制に組していた国々が異を唱えてきます。彼らは彼ら自身の歴史的文脈に従って、私たち日本人が近現代史を解釈するように求めてきたし、現在の日本の学校における歴史教育でも、中国・朝鮮側からの視点がそのまま歴史の真実であるかのごとくちりばめられています。その結果、現在学校で教えられる歴史は、一つの歴史的文脈によって有機的にまとめられた「物語」という機能を失い、ばらばらに切り刻まれた「無味乾燥な暗記事項の集積物」になってしまっているのではないでしょうか。

日本人が他者から理解を求める以前に、日本人自身が、自分たちの自己認識を取り戻し、一貫して自分たちの文脈に従って編まれた「物語」としての歴史を回復する必要があります。他者との対話とは、私たちが相手の文脈の中に唯々諾々と取り込まれることではなく、相手を自分たちの文脈の中に取り込もうとすることでもなく、それぞれの立ち位置から見えるものをあるがままに披瀝しあう以上のことではないのかもしれません。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

愚かなり! 戦後日本のアジア外交!!

>戦後66年間、「アジアを蹂躙した残虐で貪欲な侵略国家」と揶揄されながら

いったい、どこがそう揶揄、いや批難しているのか?

中共、韓国、北朝鮮の特亜三国と、「連合国」である欧米列強諸国がでしょうが!

これがまさに「東京裁判史観」なるもので、「連合国が正義で日本が悪」という「勝てば官軍」論法なのだから当り前のこと。

早いハナシが、戦後日本がひたすら叩かれ続けているのは「敗戦国」だからであって、日本が行ってきた「事の是非」によるものでは全くありません!

もしも日本が「戦勝国」であったなら、「アジアを蹂躙した残虐で貪欲な侵略国家」などと批難されることなどないでしょうが!

こんなことは、「戦勝国」であるアメリカ、旧ソ連、そして中共がどんな侵略戦争を行ってどんな非道を働いていようが、ちっとも批難されない(もし批難されても、全く意に介さない!)ことを観れば、一目瞭然でしょうが!?

この連合国正義論に乗っかって、ことあるごとに日本叩きをやっているのが特亜三国、という真に分かりやすい構図。

では、現在は40ヶ国弱もあるアジア諸国の大半がそう言っているのか、といえば全く違う!

インドや東南アジアのASEAN諸国は「我々は大東亜戦争のおかげで、欧米列強の植民地から独立することができた」と全く逆のことを言っている。

何のことはない、40ヶ国近くもあるアジア諸国の中で、ことあるごとに日本叩きをやっているのは、中共、韓国、北朝鮮という特亜三国だけで、他のアジア諸国はそんな日本批難などちっともしてはいないのです!

インドやASEAN諸国の中には、その閣僚や軍隊が来日すれば靖国神社に参拝している国がいくつもあるわけで、そんなアジア諸国が、日本は「アジアを蹂躙した残虐で貪欲な侵略国家」で、「大東亜戦争は侵略戦争だ、靖国神社は侵略神社だ」などと言うはずがありません!

ところが、敗戦によって完全にアメリカ植民地・米領日本と化してしまった戦後日本(人)は、その精神までもが植民地人の奴隷根性と化してしまって、アジア外交政策までもが、親日国であるインドやASEAN諸国は袖にして、何と反日国である韓国や中共とばかり付き合う、という馬鹿げたことをやってきたのです。

このために、戦後日本人のほとんどが、アジアといえば条件反射的に頭に浮かぶのは中国と韓国、北朝鮮ばかりで、そこにはインドもASEAN諸国もない、というまるでカルト信者のような洗脳状態と化してしまっているのです!

何のことはない、「反日アジア諸国だかけがアジアだ」と完全に洗脳されてしまったために、アジア諸国の大半が実は親日国であるにも関わらず、戦後日本人が愚かにも「日本はアジアで孤立している」「アジアには友人である国が一つもない」と勝手に思い込んで(思い込まされて!)、「勝手に孤立」しているだけなのですよ!

日本はちっとも「孤独」などではなく、洗脳されて「孤独」だと思い込まされ、また日本人が愚かにも勝手に「孤独」だと思い込んでいるに過ぎないのです!

戦後日本というのは、こんな馬鹿げたことばかりやってきたために、河野談話に細川談話、村山談話などという完全に特亜の言いがかりに屈服した「自虐談話」のトリオまで生まれてしまって、自分で自分の首を絞めることになってしまったのです!

これが逆に、「本来のあるべきアジア外交」である「インドやASEAN諸国という親日アジア諸国中心の外交政策」を行ってきたのであれば、大東亜戦争をアジアの解放戦争として高く評価し、靖国神社をその戦士たちが眠る場所として顕彰するアジアの友人諸国とのパートナーシップによって、日本は敗戦国状態からの再生の方向に向かって進むことができていたはず、なのです!

大東亜戦争によって、実に200年、300年にも及んだ欧米列強の植民地支配からの独立を果たした新生アジア諸国と、敗戦によってアメリカの植民地へと転落し、そこから再起して再生すべき日本とは、「アジア人の、アジア人による、アジア人のための」新しいアジアを共に建設して行くためにの、まさに格好なパートナー同士なのですから!!

このパートナーシップをとっていたならば、これは新生アジア諸国にとっても、敗戦国からの再起を図る日本にとっても、共にプラスとなる結果を生んでいたはずなのです。

この「前向きな姿勢」がなかったからこそ、勝手に「孤独」になって、アメリカと反日特亜のいいカモにされてばかりいるのです!

中華思想で周囲のアジア諸国を見下し、連合国=欧米列強白人勢力の手先である支那、朝鮮の特亜三国など、まさに「アジアの裏切り者」でしかなく、その特亜三国の親玉である中共は、建国(1949年)の翌年(1950年)には早くも南モンゴル・ウイグル(東トルキスタン)・チベットを武力侵略して併合し、その領土を倍以上にまで拡大したばかりか、国内では同胞である中国人民を数千万人も大量殺戮しておきながら、盗人猛々しくも「南京大虐殺」がどうのこうので日本に謝罪を要求し続け、、今や「中共帝国主義」となってアジアを侵略し続けている、まさに「アジア共通の敵」以外の何者でもありません!

まさに「付き合ってはならない相手」とばかり付き合ってきて、「真に付き合うべき相手」をないがしろにしてきた「戦後日本」の馬鹿げた振る舞いこそが、自分で自分の首を絞めて、自滅への道をひたすら歩み続けることになる、という馬鹿げた結果を生んでしまったのです。

No title

日本を理解できるのは日本人だろうか。
彼らは明治に始まった文明開化に馳せ参じた集団にしか過ぎない。

戦争に勝つとか負けるとかが日本の形に関係があるのだろうか。
日本人がその文脈で語られてきたことが異常なことだ。
日本だけではない、周辺の東アジア諸国も同様だ。

日本人が政治の文脈で考えられているとするのであれば悲劇だね。
それは西洋の価値観の中で日本を比較・検討するというあの議論だ。
周辺の東アジア諸国の日本の議論も本質的には同じだよ。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。