現代の日本人に突きつけられた歴史的使命

今の私たちしかできないこと。
明確に流れが変わってきたように思います。西田昌司の新しい動画にも厳しい批判のコメントが寄せられています。安倍信者の巣窟であるニコニコ動画では、従来考えられなかったことです。



TPP、RCEP、道州制、移民推進、消費税増税。安倍政権のもくろむ壊国政策が実現するとき、文字通り、私たちの国は、長い歴史の幕を閉じることになります。

これまで日本を日本たらしめ、日本を歴史の激動の中で存続させてきた「壁」が、完全に破壊され撤去されるからです。


(画像出典:『最新世界史図説タペストリー』帝国書院)

これを食い止めることができるのは、今の時代を生きている私たちしかいません。

100年前の日本人も、100年後の日本人も、この戦いを戦うことはできません。

私たちが敗北するならば、これで日本は終わりです。

歴史から重大な責任が課せられていることをよく自覚して、私たちは安倍政権と対峙し、この壊国政権を一日も早く打倒しなくてはなりません。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

播磨屋本店さん

微力非力は百も承知で、日本救国に向けた警鐘を

打ち鳴らし続けて行きたい


http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1311.html


>播磨屋本店さんは憂国の真正保守としての

そして日本国民としての使命で行動されています。

安倍晋三を信用するほど日本国民は愚かではありません。

共生する民族である日本人は、一部の利益のために

他人を貶めることを嫌い排除することを徳とします。

水島総のように、ビジネスセンスのなさから

他人のカネ(お布施)で正義を語る輩は、播磨屋本店さん

の行動をみて自らの貢ぎもの披露などを反省し恥ずべきです。

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。