憲法とは革命の産物である

「革命の毒」からいかに逃れるか。
憲法とは革命の産物である。

フランス革命やアメリカ独立戦争という、王権や過去の歴史との切断の後、新たに人工的な国家を建設しようとした際に要請されたものが、さまざまな宣言や憲法という文言であった。

だから、王権が倒されなかったイギリスには憲法はない。議会決議や裁判所の判例、国際条約、慣習等のうち、国家の性格を規定するものの集合体が憲法とみなされている。

フランスやアメリカが、憲法によって、過去の歴史からの切断の上に国家を規定するのに対して、イギリスは、過去の歴史的歩みの総体の上に国家を位置づけている。

日本もイギリスの形に習うべきであったが、明治政府が採用したのは、プロイセンの欽定憲法だった。

1871年まで、さまざまな領邦国家に分かれていたドイツには、統一国家は存在しなかった。

ナショナリズムと啓蒙主義の高まりの中で、1848年、フランクフルト国民議会が憲法制定によってドイツの統一を図り、プロイセン王国の国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に帝位と憲法を捧げようとしたが、プロイセン王は、自由主義者たちによる下からの統一を嫌って戴冠を拒否。

1850年に欽定憲法を定めて、1871年、次のプロイセン国王ヴィルヘルム1世が、ドイツ皇帝として戴冠し、統一ドイツが生まれた。

ドイツがさまざまな領邦国家に分かれていた様子は、日本の江戸時代の幕藩体制と似ていなくはないが、鎌倉時代以降の封建制の時代にも、万世一系の天皇が存在し続けていた日本と異なり、プロイセン国王がドイツを統一した歴史は過去にはない以上「ドイツ帝国」は、半ば「人工国家」として建設されたとも言える。

ドイツの欽定憲法すらが、日本という世界でもっとも古い「自然国家」という国体にはそぐわない、ごわごわとした「西洋の洋服」だったのだ。

明治体制が孕んだ矛盾は明治憲法だけではないのだが、それらの矛盾が噴出する形で、やがて明治体制が第二次世界大戦における敗戦という破綻を迎えたのは、歴史の必然であったとも言える。

そして、戦後、アメリカによって日本国憲法が日本にもたらされた。

日本国憲法が、他のあらゆる憲法と同様、過去からの切断や人工国家の創出という、「革命の産物」という性格をもつことはいうまでもない。

しかし「革命の産物」としての憲法の毒は、同じ革命の毒を孕んだ新しい憲法を制定したり、憲法改正を行うことによって強化されることはあっても、弱められることはない。

日本国憲法の制定という革命がいやだからといって、憲法改正という別の革命を起こしても、革命の毒から逃れられないのは、当たり前の話である。

それは顔についた泥を、泥だらけの手で拭っても、よけいに泥だらけにしてしまうのと似ている。

憲法にこだわればこだわるほど、日本は自然国家という本来のあり方から離れて人工国家と化してしまう。

「革命の産物」としての、日本国憲法の毒が弱められる現実的な方途、日本国憲法が「無効化」される現実的な方途は、唯一、それをいじることなく放置して、その形骸化を図ることである。

かき回さなければ泥はやがて水の中に沈殿していき、水は透明となる。

同じように近代憲法という革命の毒が沈殿していくのを、我々は静かに待つべきなのだ。

ちょうど古代に制定された律令制が、長い時間をかけて形骸化し、その形骸化していく過程の中に、日本の本来の形が浮かび上がっていったように、我々も、何百年と日本国憲法を放置するうちに、やがてその中に、日本の本来の姿が自ずから浮かび上がるのを待つべきである。

憲法改正や、憲法破棄という人為的な方法によって、憲法を乗り越えるというやり方は、日本的なやり方ではない。

日本人の歴史的歩みの総体の中に、日本国憲法すらも静かに包摂していく。そして、その中に溶かし去っていく。

イギリスのように、長い時間をかけて、過去のあらゆる法体系の一部として日本国憲法が位置付けられ不文憲法化していくのを静かに待つ。

それが日本的なやり方である。

過去を否定し、そこからの断絶だの、脱却だの、破棄だのを図るのは、日本人の所作ではない。

過去との連続性と、継承の上に、未来を創っていく。

憲法というものが本来的に孕む近代主義の毒を知り、日本人が、愛国・保守の立場から、「憲法改正」だの「憲法破棄」だのといった迷妄を破り、「言挙げせぬ国」としての日本の本質に目覚めんことを願う。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「法」とは我々が祖先から継承してきた我が国の国体に関わる道徳や慣習、伝統や文化などの不文の規範を意味します。
自然法とは別のものであります。

それはともかく、ぜひ一度読んでいただきたいです。よろしくお願いいたします。

匿名様

>「法の支配」の“法”とは、人間の意志から超越した古来からの“神聖な真理”のことを意味する。つまり“法”は“つくる”ではなく、祖先の叡智の中に“発見するもの”であったから“つくる(制定する)”ものである法律は、「法の支配」の“法”にはなりえない。

典型的な「自然法論」の考え方ですが、「自然法論」は、ギリシア哲学に始まり、キリスト教へと継承されて発展を遂げた、西洋哲学の発想なのであって、日本人の「祖先の叡智」の中に、発見できるものではありません。

大乗仏教にせよ、神道にせよ、日本の伝統的思想を支えた東洋的思惟は、「人間の意志から超越した真理」の存在を認めません。

"「本質」の実在性を徹頭徹尾否定しながら、しもかも経験的世界についてはいわゆるニヒリズムではなく、分節された「存在」に、夢とか幻ということでは割り切れない、実在性を認めるのは、東洋哲学全体の中で、所々に、いろいろな形で現れてくるきわめて特徴的な思惟傾向だが、この東洋的思惟パタンを、大乗仏教において、特に顕著な姿で我々は見いだす。"

"中国的思想の特徴をなす・・・と宣長の考えた・・・事物に対する抽象的・概念的アプローチに対照的な日本人独特のアプローチとして、宣長は徹底した即物的思考法を説く。世に有名な「物のあはれ」がそれである。物にじかに触れる、そしてじかに触れることによって、一挙にその物の心を、外側からではなく内側から、つかむこと、それが「物のあはれ」を知る事であり、それこそが委細の事物の唯一の正しい認識方法である、という。明らかにそれは事物の概念的把握に対立して言われている。

概念的一般者を媒介として、「本質」的に物を認識することは、その物をその場で殺してしまう。概念的「本質」の世界は死の世界。みずみずしく生きて躍動する生命はそこにはない。だが現実に、われわれの前にある事物は、一つ一つが生き生きと自分の実在性を主張しているのだ。この生きた事物を、生きるがままに捉えるには、自然で素朴な実在的感動を通じて「深く心に感」じるほかに道はない。そういうことのできる人を宣長は「心ある人」と呼ぶ。"


(出典: 井筒俊彦『意識と本質』)

No title

この記事の考え方は英米の法の支配の考え方と共通するように思います。

「法治主義」と「法の支配」は似てもおらず、本質的に非なるものであり、根本から相違する。「法治主義」「法治国家」の「法」は、制定された法律を指す。
「法の支配」の“法”とは、人間の意志から超越した古来からの“神聖な真理”のことを意味する。つまり“法”は“つくる”ではなく、祖先の叡智の中に“発見するもの”であったから“つくる(制定する)”ものである法律は、「法の支配」の“法”にはなりえない。
<法>は、立法府、行政府、司法府という統治機関や国民の上位にあって、これら全てを支配するものである。これら全てが、その支配に服さなくてはならないものである。いわば<法>こそが主権者である。「法の支配」が実現されてこそ、国家権力は<法>によって制約され、国民の自由と権利は<法>によって擁護されるのである。
「正しい憲法」は、この<法>を発見して、制定されなくてはならない。現在の人間の意志で、勝手につくってしまっていいものではない。古来からの国柄、良き伝統、良き慣習という「永遠の真理」「神聖な真理」である<法>を、発見して「正しい憲法」を制定するのだ。つまり「法の支配」である。「法の支配」が憲法の原理でなくてはならないのである。そのようにして制定された「正しい憲法」は、準<法>となる。もちろん法律も、<法>に反するものであってはならず、「法の支配」が貫かれなくてはならない。そうした法律は「正しい法律」である。
「法の支配」の思想は、<法>に違反する憲法条項や法律の制定を認めない。もし制定されても、それを無効にする。

食わず嫌いはおやめになって一度、中川八洋氏の著書『保守主義の哲学』をお読みください。

ご返信ありがとうございます。現行憲法無効論者が善意によってその主張をしているか…分からないですね。

少なくとも自分は今の日本は国として為すべきことを米国に依存している、あまりにだらしのない状態だと思っており、無効論を主張する原動力はどちらかというと怒りでしょうか。

現行憲法を戦略的に維持するというお考えは妥当だと思います。当方にとっての現行憲法無効確認は、現行憲法破棄や大日本帝国憲法復活を意味しません。日本人が日本人の意思で、有効期限が切れている憲法を採用しているということを確認することに意味があると考えております。

憲法改正は米国従属を改めて確認する最悪の一手です。米国が太平洋戦略を考える上で、米国に取り得であるから憲法を改正させようとしているのであり、朝鮮戦争以降この姿勢は一貫しています。連合国体制が継続している中、自衛隊の活動範囲が広げられることは、自衛隊が米軍の弾除けに使われる懸念があります。それを防ぐ為には、現行憲法維持は確かに有効な手段です。

PAGさん

憲法無効論の方たちが善意の方たちであるのは、よく承知しています。

しかし、憲法無効論の方たちが、日本人の間に、現行憲法に対するネガティブな見方を広げることに加担することによって、結果的には憲法改正という事態を招いてしまいます。

憲法改正は、一つの革命であり、売国的・反日的な勢力がますます力を増しくわえていくであろう、これからの日本に決定的なダメージを与えます。

その事態を防ぐためには、現在の憲法をがっちりと維持し続けるという姿勢を、日本人が固く保持することです。

日本を保守するために、占領憲法を保持しなければならないというのは、逆説的であり、大変皮肉なことなのですが、現実に、日本が保持されていく、唯一のそしてもっとも確実な道は、現在の憲法を維持し続けることなのだということを、これからも様々な角度から論じていきたいと思います。

No title

>日本人の歴史的歩みの総体の中に、日本国憲法すらも静かに包摂していく。そして、その中に溶かし去っていく。

時間は掛かるでしょうが、日本的な解決方法かと思います。仰るとおり、日本の国柄は文章で書ききれるものではなく、近代化を果たした現状、必ずしも日本にとり成文憲法は必要では無いと考えます。

他方、先般よりコメントさせて頂いておりますとおり、当方は現行憲法はSF条約発効後に有効期限が切れており、そのことをSF条約発効後どれだけ時間が経とうとも、国会にて確認することが必要と考えます。

有効期限切れの確認は、現行憲法破棄も大日本帝国憲法の復活も意味しません。米国のではなく、日本の意志として有効期限が切れていても現行憲法を採用していることを国内外に認識せしめることで、米国の属国と成り果てている現状からの脱却に向けた一歩が踏み出せると考えております。

「悪の日本を平和を愛する諸外国が統制する」というストーリーに基づいて、現行憲法は日本に対して敵国条項を採用する国連憲章と一対となっています。これにより、日本は自主防衛はおろか、戦後米軍に占領され続けている状態となっています。

米国からの独立は連合国による世界統治に一石を投じるものですから、実現は容易ならざるものですが、少しずつでも独立した日本、安全保障を他国に依存しない日本を目指すべきと考えます。

この意味に於いて、現行憲法の有効性を追認し、米国への依存を深めかねない憲法「改正」に強く反対します。そして憲法改正を党是とする自民党はこの点に於いて根本的に支持できません。

憲法に対するWJF様の更なる考察を楽しみにしております。

匿名さん

"ベルギー憲法:1830年8月の革命でオランダ王国から分離独立したベルギーが翌 31年2月7日に制定した憲法で,若干の修正はあったが,150年以上経た今日もなお効力を有している。立憲君主制のもとでの自由主義的議会民主制を定めた憲法の典型で,フランクフルト憲法 (1848) ,オーストリア憲法 (49) ,とりわけプロシア憲法 (50) などは,このベルギー憲法を模範としており,日本の大日本帝国憲法もその影響を受けているといわれる。(プリタニカ国際大百科事典より)"

革命と独立によって生まれたベルギー憲法が、イギリスの不文憲法に依拠するわけがありませんし、そもそも、イギリスの不文憲法と、イギリスからの独立と革命によって生まれた成文憲法であるアメリカ合衆国憲法は真逆の性質をもつのに、これらを「英米法系」とひとくくりにした上で、大日本帝國憲法はこれに依拠していたというのはおかしな話です。

また西洋のどの国の憲法、どの時代の憲法を取り上げようと、非日本的な、理性主義の色合いを帯びていない憲法は存在しません。

憲法という概念自体が、本質的に非日本的なものです。

西洋人は、革命をやったり、独立したりして、国家をリセットする際に、新しく制定した憲法という字面の上に国家を建設しようとしたけれど、それはあくまで西洋人のやり方なのであり、根本的に非日本的な所作です。

非日本的な手段によって、日本の国柄を規定したり、日本の国を組み立てたりすることはできません。

日本という自然国家が依拠するのは、憲法の条文ではなく、「縄文から現在に至る日本人の歴史的あゆみの総体」です。

古代において、政治体制というテクニカルなレベルにおいては、中国から移入した律令制によって整備することはできても、日本の国柄に関しては、法によっては規定できず、日本書紀や古事記という神話に語らせるしかなかった。

日本書紀や古事記が語ったものとは、古代の時点における、「縄文から現在に至る日本人の歴史的あゆみの総体」に他なりませんでした。

だから、憲法を無効にするのであれば、大日本帝國憲法も含めたすべての近代憲法を無効にして、いっそのこと日本書紀を憲法にすればよいと思います。そうすれば、日本の国柄は、その中に十全に語られることになります。

戦後憲法無効論の人たちが見失っているのは、日本国憲法も、大日本帝國憲法も、どちらも西洋から移入されたものであり50歩、100歩だということ。日本国憲法のみにことさら目くじらを立てて無効化してもまったく意味がない。

我々に必要なことは、外科手術のように特定の時代を切断するのではなく、「縄文から現在に至る日本人の歴史的なあゆみの総体」の中に、過去のすべてを包摂していくことです。

大日本帝國憲法も、日本国憲法も、その中におおらかに包摂され、溶かし去られていくべきものです。

いずれにしても憲法関連の議論は、今後コメント欄ではなく、記事の中で考えを述べさせていただきたいと思います。

匿名さん

"ベルギー憲法:1830年8月の革命でオランダ王国から分離独立したベルギーが翌 31年2月7日に制定した憲法で,若干の修正はあったが,150年以上経た今日もなお効力を有している。立憲君主制のもとでの自由主義的議会民主制を定めた憲法の典型で,フランクフルト憲法 (1848) ,オーストリア憲法 (49) ,とりわけプロシア憲法 (50) などは,このベルギー憲法を模範としており,日本の大日本帝国憲法もその影響を受けているといわれる。(プリタニカ国際大百科事典より)"

革命と独立によって生まれたベルギー憲法が、イギリスの不文憲法に依拠するわけがありませんし、そもそも、イギリスの不文憲法と、イギリスからの独立と革命によって生まれた成文憲法であるアメリカ合衆国憲法をひとくくりにして「英米法系」などと呼ぶことがおかしいと思います。

いずれにしても憲法関連のコメント欄でのやりとりはこれで打ち切らせていただき、今後は、記事の中で説明していきたいと思います。

大日本帝国憲法は実は英米法系(動画)

WJFさん、わざわざ資料記事どうもありがとうございます。
大日本帝国憲法が実は英米法系であるとする文字資料が今直ぐには出せない状態なので、代わりにYouTube動画の方を貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=OS7NSzJVe78&list=UL#t=59m20s

匿名さん

嘘を言ってはいかん。

>英国憲法→ベルギー憲法→プロイセン憲法→大日本帝国憲法

ベルギー憲法が依拠したのは、フランス憲章です。

http://www.adm.fukuoka-u.ac.jp/fu844/home2/Ronso/Hogaku/J55-3+4/J5534_0565.pdf

(憲法に関しては、コメント欄で議論するとややこしくなるので、記事の中でご質問に答えていきます。)

大日本帝国憲法は実は英米法系

> 明治政府が採用したのは、プロイセンの欽定憲法だった。
> 〔…〕
> 「ドイツ帝国」は、半ば「人工国家」として建設されたとも言える。

たしかに大日本帝国憲法はプロイセン王国憲法を外形的に模倣したものといえますが、プロイセン王国憲法とドイツ帝国憲法は別物です。

系譜としては、

英国憲法→ベルギー憲法→プロイセン憲法→大日本帝国憲法

となります。

日本本来の姿

こんにちは。

どうしてもコメントせずにはいられず…。

そう、おっしゃる通りです。 憲法自体特にいらない。イギリスは憲法なしで問題ないようですし。選挙の方法から何から何まで、日本は「西洋の、一神教の、革命の」理論に絡み取られたままで、その中でグルグル議論している状態です。日本は本来その外にいることを知るべきです。

No title

ブログランク49位ランクインおめでとうございます!

1ページ目に表示されるのは大きいと思います。
とはいっても上位10位ぐらいまでしか人の目には留まらないかもしれませんが。
これからもポチポチするので頑張ってください。
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
にゃんごすたー Plays「紅月」

下が本物の「紅月」です。圧巻です。神がかっています。下の動画を見てBabymetalを好きにならない人間なんてこの世界に存在するのでしょうか。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。