日本人は「政治」に関心を持ちすぎている

もっと「非政治」に関心を持ちましょう。
政治オタクたちは、日本人は政治に無関心だ、日本人はノンポリだという。

彼らは、皆が、彼らと同じぐらい政治に関心をもち、彼らが正しいと信じる政治的立場に付くべきだと信じている。

彼らは、権力者や支配層がいかに、物事を何でも意のままにできる全能な人々であり、その一方で庶民や大衆が、いかに支配層に支配されるままの非力な存在であるかを強調する。

支配層に好き勝手されないために、庶民は、政治に関心をもち、正しい政治的な意見を持つべきだというのだが、本当にそうだろうか。

まず政治家ほど、物事を自由にできない人々はいない。政治家が自由にできる物事など広大な世界の中で微々たるものにすぎない。彼らは支持率や得票数すら自分の意のままに操ることができず四苦八苦する。

また、大衆がこぞって政治に異常な関心を示し、ある特定の政権を熱烈に支持するようになったらどうなるだろうか。

ナチスドイツや、共産主義国家は、圧倒的多数の大衆が政治化して特定の政党や政権を狂信的に支持するようになった結果生まれている。

日本でも、小泉政権や安倍政権のような構造改革政権は、大衆が政治に無関心な結果生じたものではなく、逆に大衆が政治に関心を持ちすぎた結果生じていることを忘れてはならない。

大衆が政治化するとろくなことが起きないのである。

大衆が、政治家を英雄視したりアイドル視したりすることなく、初めから政治を鼻でせせら笑うぐらい、「政治」を突き放して見つめる余裕があれば、ヒトラーも、文化大革命も、小泉政権や安倍政権も、生じる余地はない。

問題は、日本人が「政治」に無関心なことにあるのではなく、反対に、日本人が「政治」に関心を持ちすぎ、「非政治」に無関心すぎることにある。

大衆が、もっとまじめに「非政治」に向き合えば、「政治」的にいかにあるべきかも、そこから自ずと明らかになるだろう。

「非政治」に根拠をもたない「政治」ほどむなしいものはない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>反論できずに話を逸らす所が頭の悪い証拠ですね
馬鹿だからこんなことしか書けないんだな。

No title

>自分のサイトを立ち上げてURLを張り付けて
反論できずに話を逸らす所が頭の悪い証拠ですね
こんな人間ばかりでは自民党が圧勝するのも当然ですね

No title

反安倍が匿名でまた来ているようだな。
しっかり政治を理解しているのならこんなとこに投稿してないで自分のサイトを立ち上げてURLを張り付けてみなよ。どれほどしっかりと政治を理解しているのかじっくり読んでやるから。

No title

>非政治の領域を根っこからしっかりと持つということは、扇動されることから自らを守ることでもある
政治をしっかり理解していないから扇動されるんですよ
自民党の支持者は熱狂的なネトウヨもいますが多くは自民党が一番良さそう、と
政治を理解せずイメージで扇動される愚民ですからね

No title

政治を利用して国民を惑わせ、また国民を惑わせて政治を行う。そこに入り込みすぎると、政治に利用される。
どこからか資金が提供され、政治活動が展開される。マスコミがそれを取り上げて煽る。煽られた国民はまた声を上げる。誰が喜ぶのだ?

たとえば、鳥肌実の街頭演説を後ろで楽しそうに聞いている人たち。在特会としばき隊。彼らは仲良しなのだ。プロレスをやっているだけなのだが、プロレスを見せられた人たちは「架空」の争点や課題を提示され、どちらのサイドであれ何とかしなければと思う。その時点で、政治に利用される存在となる。工作成功。
喜ぶのは、ヘイトスピーチ規制法を作って仕事を増やすことができた法務省の官僚
、右翼とサヨクの衝突に対応するための予算を付けることができた警察庁。そして、正当な他国批判を封じ込めることができることで恩恵を受ける人々。これらのために普通の人々は利用されるだけだ。

非政治の領域を根っこからしっかりと持つということは、扇動されることから自らを守ることでもある。
政治にまったく興味を持たないわけにはいかないが、覚めた目で距離を置いてみるくらいがちょうどいいだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=0acCVAeiZHE

そんなことを見透かしているWJF氏の存在を良く思わない人たちは彼を抹殺したいようだ。
ここのブログを荒らしに来る人たちと同じようにね。
このことは忘れないよう取り上げておく。

http://wjf-project.info/blog-entry-44.html

No title

「政治」と「非政治」
興味深く読まさせていただきました。

以下私見
世の中には悪い「政治」家がいます。
彼はバカを操る術を知っていて
尚且つ、その術を駆使することに良心の呵責を感じないような人物です。

彼はバカな大衆を扇動し、「政治化」し利用します。
そして、バカな大衆の同意と支持のもとに
革命とか、リセットとか、虐殺とか、侵略戦争とかがはじまります。

その光景を前にして少数派の人々は立ち尽くします。
公に反対意見をいった者は迫害され投獄され処刑されます。
彼らに残された選択肢は、黙るか、亡命するか、
レジスタンスになるか、
元凶の扇動者の暗殺を計画するか・・・

そして少数派の人々は考えます。
「どうしてこんなことになったのか?」
彼らの答えはいつもこうです。
「大衆がバカすぎたせいだ。
大衆に正しい情報と理解力があれば、
こんなことは避けられたはずなんだ」

まぁ、それが普通の答えです。
なので、歴史から学んだ現代の民主主義国家では、
主権者である国民の教育と、情報公開が重要であると
認識されています。

「政治」を「政治」家任せにしない。
情報を「政治」家と官僚に独占させない。
そのために議会とメディアが機能しなければならない等々

そして今の日本は、
まっとうな民主主義国家ではない。
情報公開も不十分でメディアも機能していない。
政党も議会も、アベの方針を追従するだけの機関に成り下がっている。
そのアベの政策は間違っている。国益に反している。
それなのに選挙で安倍が勝つのは国民がバカだからだ。

まぁ、そう思うのが普通なので、
そこでWJFさんが「非政治」という概念を持ち出したときに
理解できない人々がいても、仕方がないのかなと思いました。

かくいう私もどこまでわかっているかあやしいもので、
「考えるな、感じろ」的な
「理屈を詰め込むのではなく、感性を磨け」的な、
日本人としての感性をしっかり持つことが大事
日本人としての太く長い根をしっかり持つことが大事ってことなのかなと。

その感性を持っていれば、すべての政策に精通なんてしていなくても
アベを見て、話しを聞いたら3分で
「こいつはダメだ」とわかるくらいになれると。

う~ん、でも実際にはそれもかなり難しいような。

わかりやすい革命家気取りが出てきたら
その感性は拒否反応を示すでしょうが

アベはその反対で、「保守」の仮面をつけて
意識して「バカな愛国者」層を取りに来ていますから…。
やっぱりバカは何とかしたほうがいいような…。

今の日本で問題なのは、瀕死の「バカな左翼」ではなく
「バカな愛国者」達の方ではないかと…。


今回の選挙結果でわかったことは
安倍内閣の支持率は約50%
自民の獲得票が40%
公明が10%
与党で約50%
自公の獲得票数自体は、自民が負けて民主党に政権交代
した時の選挙と比べて増えていない。
それでも議席は3分の2を獲得。
小選挙区制度はそういう制度だ。
安倍内閣になってから、何度もこんな結果を繰り返している。

他の世代に比べて、30歳以下で安倍内閣の支持率が
異常に高い。
小泉なんて知らない、気付いたら民主党政権だった世代で
自民党の美化が定着している模様。
このままだと自民党はこの先の将来も安泰なのか?
でも、これから先は「鳩山なんて知らない」世代が有権者になってくる。
今はまだ子供の彼らに、いまの安倍晋三がどう見えているのかは不明。

安倍には反対だけど、共産党とは死んでも手を握りたくなかった前原。

No title

国民が関心を持っているのは政治じゃなくて政局の方じゃないのかなぁ。

No title

>自民党がましだなどと言ったことはありませんが、皇室否定の反社会的危険分子の左翼は死んでも支持しません
つまり左翼政党より自民党がましってことじゃねーか
いい加減しろや売国奴

No title

>お前たち左翼が関心があるのは、てめーの暮らしと金だけか
暮らしも金も大事に決まってんだろ
非政治とか言って国民の生活を無視してんじゃねーよアホ

>皇室を否定し破壊すれば、中国や北朝鮮のようにモラルのない、特権階級が横暴に振る舞う、格差の酷い、専制国家になることでしょう
すでに安倍とその仲間が横暴に振る舞ってんだろアホ

反安倍よ

>・日本人は政治などに関心を持たず歴史と文化を学び日本の伝統の素晴らしさを噛みしめて生きよ


自分が暮らす国や社会の伝統や文化を否定する人間に「政治」を論じる資格は最初からありません。自国の伝統や文化を否定することは、自国の共同体を根底から否定していることだからです。共同体精神をもたない人間に、どうして「政治」を論じる資格があるのですか?「政治」を語りたければ、自国の文化を伝統や文化を尊重するという、最初の一歩から始めたらどうですか?

>・消費税が増税されても年金を減らされても決してそれに反対する反日左翼を支持してはならない

自国の文化や伝統を否定しながら、年金がどうだの消費税がどうだのと、お前たち左翼が関心があるのは、てめーの暮らしと金だけか。

>・反対デモのようなものは無意味なのでやってはならない


別にやってはいけないなど言ってませんが?私自身はそのようなものに参加するぐらいなら地域のお祭りに参加します。地域のお祭りは「政治」に対する、「非政治」によるデモの一種です。

>・どんなに生活が苦しくなろうとも天皇制が続けば日本の未来は安泰である

日本は皇室(政治と非政治の二元構造)が存在したから伝統的に他国より格差が小さな社会を守ることができました。皇室を否定し破壊すれば、中国や北朝鮮のようにモラルのない、特権階級が横暴に振る舞う、格差の酷い、専制国家になることでしょう。

反安倍よ

>デモで頑張ってる左翼は叩くし自民党を批判しつつ左翼よりはましとか言ってるし

自民党がましだなどと言ったことはありませんが、皇室否定の反社会的危険分子の左翼は死んでも支持しません。

No title

WJFが言いたいことまとめ

・日本人は政治などに関心を持たず歴史と文化を学び日本の伝統の素晴らしさを噛みしめて生きよ
・消費税が増税されても年金を減らされても決してそれに反対する反日左翼を支持してはならない
・反対デモのようなものは無意味なのでやってはならない
・どんなに生活が苦しくなろうとも天皇制が続けば日本の未来は安泰である

WJFの中では日本人の生活より天皇が大事
安倍信者「安倍を批判するな!反日左翼が!」
WJF「天皇を批判するな!反日左翼が!」
守る対象が違うだけで全く思考レベルが同じ

No title

まーだ非政治とか言ってんのかよこいつ
デモで頑張ってる左翼は叩くし自民党を批判しつつ左翼よりはましとか言ってるし
アベノミクスは全部は間違ってない!とか言っちゃうし
三橋と大して変わらない売国ネトウヨだな

No title

>アメリカでは、失業率が下がって完全雇用に
全く経済を理解していないようですね
雇用なら日本でも伸びましたよ
それでも消費が落ち込んでいるから景気が悪いんですよ

>政策のどの部分がなぜ正しくないのか
金融緩和なんかで景気がよくなるわけがないでしょう
金融緩和であなたの生活は楽になりましたか?
消費税増税ももちろんダメですし
アベノミクスは土台からすべて間違っているんですよ

日本人よ

>景気は良くなっていないのですからアベノミクスは全て誤りなんですよ
>それをいまだに擁護する教授やコメンテーターは御用なんですよ
>そのぐらいいい加減に理解しましょう


そういうおおざっぱなことしか言えないぐらい経済の知識を欠いているのなら、他人に向かって「政治に関心をもて」などとおせっかいなことを言うべきではないし、あなた自身が一般大衆の一員らしく、ゆでトウモロコシでもほおばりながら、高校野球でも見ていた方がいい。

アベノミクスは全て誤りだというが、リーマンショック後、日本のみならず、世界中の中央銀行が、量的金融緩和を行った。

あなたが、アベノミクスの三本の矢は全て誤りだというのなら、世界中で一斉に行われた金融政策は全て誤りだったと等しく批判しなければならない。

しかし、日本以外では、アメリカでもEUでも、金融緩和政策は一定の効果を上げている。

アメリカでは、失業率が下がって完全雇用に達し、今後、フィリップス曲線が有効に働けば、インフレ率の上昇が期待されているため、FRBは金利引き上げと、バランスシートの正常化という、金融政策の段階的な正常化の途上にある。

欧州中央銀行も金融緩和の終了を示唆しはじめている。

日本でのみ、金融緩和政策は功を奏していない。

クルーグマンとスティグリッツは、消費税増税と、財政出動の小ささに原因があると指摘しているのであり、「アベノミクスは全て誤りだ」と述べているわけではない。

政策を批判するならば、政策のどの部分がなぜ正しくないのか、具体的に、理路整然と、緻密な論理で、説明できなくてはならない。

あなた自身がそれをきちんとできないのに、どうして他の人たちに自分ができないことを期待するのか。

No title

景気は良くなっていないのですからアベノミクスは全て誤りなんですよ
それをいまだに擁護する教授やコメンテーターは御用なんですよ
そのぐらいいい加減に理解しましょう

>当初からアベノミクスを批判していた「まともな経済学者」
浜矩子さんは前から批判していましたよ
学者ではなくても野党は前から批判していましたよ

日本人よ

>クルーグマンは誤りを認めましたよ


クルーグマンと、スティグリッツは、安倍政権が、財政均衡主義と緊縮財政に走り、アベノミクス第二の矢の「財政出動」を行っていないことを批判したのであって、アベノミクスの理論部分(「金融緩和+財政出動」の有効性)が誤りであると述べたわけではない。

>まともな経済学者は最初からアベノミクスを批判していたんですよ

私は経済のど素人だが、2013年から、第三の矢「構造改革」を含んだアベノミクスを2013年から批判していた。しかし、金融緩和+財政出動」が部分が誤りだと述べたわけではない。批判者の中には「金融緩和+財政出動」の部分を批判する人たちもいるので、アベノミクスに批判的な人々でも、アベノミクスのどの部分を批判するかで意見は一致していない。

アベノミクスの本当のカラクリ
http://wjf-project.info/blog-entry-206.html

当初からアベノミクスを批判していた「まともな経済学者」とやらの名前をあげてごらん。

No title

クルーグマンは誤りを認めましたよ
いまだにアベノミクスは正しいなどと言っている人間は御用なんですよ

>一般大衆が正しく評価できるかといえば、そんなことは無理な話
そんなこともわからないバカだから政治や経済の知識が必要なんですよ
まともな経済学者は最初からアベノミクスを批判していたんですよ
いい加減に理解しましょう

日本人よ

>ではアベノミクスは正しい、安倍の政策は正しいと言い張る人は御用学者ではないのですか?

ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマンもスティグリッツも当初は、アベノミクスを賞賛していたが、彼らは安倍礼賛の御用学者ではない。

一言でアベノミクスと言っても、三本の矢から構成されている。

アベノミクスを批判している人々でも、アベノミクスのどの部分を批判するかで意見は分かれている。

・ 第一の矢 金融緩和を批判する人
・第一の矢 金融緩和は正しいが、第二の 財政政策が不十分だと言う人
・第一の矢 金融緩和も、第二の財政政策も正しいが、第三の構造改革が誤りだという人
・アベノミクスそのものは正しいが消費税増税のみ誤りだったという人
・アベノミクスの理論は正しいが実践において誤ったという人
・アベノミクスの理論自体が誤りだという人

ノーベル経済学賞受賞者でも当初は賞賛していたアベノミクスを、経済学の知識が何もない一般大衆が正しく評価できるかといえば、そんなことは無理な話である。

No title

結局説明できないのですね
あなたみたいなバカがいるから政治の知識が必要なのですよ

日本人よ

>わかっていますが? だから自民党の政策に反対しているのですか?

政治を正しく理解している、知識と常識と教養を備えた人間が、天皇制を廃止しろなどと非常識なことを口にするはずがありません。

あなたはただ左翼のイデオロギーを無批判に鵜呑みにしているだけです。

わかりやすく言えば、あなたは「バカ」です。

No title

>「御用学者」と決めつけているだけ
ではアベノミクスは正しい、安倍の政策は正しいと言い張る人は御用学者ではないのですか?

>何も分かってないじゃないですか
わかっていますが? だから自民党の政策に反対しているのですか?
安倍自民党の政策が正しいというなら早く説明してください

>安倍政権の支持率は下がっています
下がったからといって政権が代わる保障はありませんが?

日本人さん

>それは御用学者とまともな学者が対立しているだけで概ね一致していますよ

あなたが、自分が「正しい」と信じる政策判断と異なる意見をもつ専門家のことを「御用学者」と決めつけているだけの話です。

>ですから正しい判断をさせるために知識を持たせなければならないんですよ

日常に忙殺されている大衆が、習得するのに何十年もかかるであろう、政治や経済に関する高度な知識を習得するのを期待するのは無理な話です。

あなた自身、「私は政治のことを理解している」と自負しているだけで何も分かってないじゃないですか。

あなた自身が政治を正しく理解していないのに、どうして大衆が正しい政治知識をもつことを期待できるんですか。

あなた自身が「正しい政治知識」とやらをまずは謙虚に学んでみてはどうですか?

>あなたは今の政治が良い方向に向かっていると思っているんですか?

よい方向にむかっていないことを大衆も察知しているから、安倍政権の支持率は下がっています。

No title

>政策の是非についての意見は異なります
それは御用学者とまともな学者が対立しているだけで概ね一致していますよ

>政治や経済や歴史に関する知識をもたない大衆層が、「正しい」政策判断に到達しうるかといえば、そのようなことを期待することはできません
ですから正しい判断をさせるために知識を持たせなければならないんですよ

>政治がよい方向にむかっているのか、否か、なんとなく感じ取ることができます
できていないからこんな日本になっているんですよ
あなたは今の政治が良い方向に向かっていると思っているんですか?

日本人さん

>政治化がダメなのではなく政策を理解せず人気だけで選ぶことが危険なんですよ
>今必要なのは国民がきちんと政策を理解することです

政治や経済や歴史に関する高度な知識をもつインテリ層や専門家ですら、政策の是非についての意見は異なります。

ましてや、政治や経済や歴史に関する知識をもたない大衆層が、「正しい」政策判断に到達しうるかといえば、そのようなことを期待することはできません。

大衆が政治化してせいぜい起こりうるのは、千円札の裏にシナイ山が描かれているなどといった、インターネットに転がっているおかしな陰謀論を鵜呑みにしたり、右翼や左翼などの極端に偏向した立場に傾斜していくことぐらいです。

海外の例をみても、大衆は、ナポレオンだの、ヒトラーだの、毛沢東だのと、特定の政治的指導者を救世主のように熱狂的に担ぎ上げて、悲惨な破壊をまねてしまいます。

では大衆からは無知や衆愚しか期待できないかといえばそうではありません。

大衆が「非政治」という本来の領域に深く沈潜して生きるならば、専門的な政治の知識などなくても、直感的な「智恵」のようなものをもつことができます。

実践的な生活上の「智恵」によって、政治がよい方向にむかっているのか否か、高度な知識を持たない人でもなんとなく感じ取ることができます。

私たちは、大衆がいたずらに政治化することを期待するのではなく、「非政治」の領域が活き活きとしたものでありつづけることを期待すべきです。

そのためにこそ、国や地域の伝統や文化といったものを私たちは深く尊重しなくてはなりません。

正しい「智恵」は、伝統や文化の実践を通して受け継がれていくものだからです。

皇室も含めた、日本の伝統や文化という「非政治」の領域を軽視し、あるいは貶めた上で、「政治」ばかり語っても、大衆を誤った方向に扇動するのがおちです。

No title

政治化がダメなのではなく政策を理解せず人気だけで選ぶことが危険なんですよ
小池都知事が圧勝したのも同じような傾向がありますね
今必要なのは国民がきちんと政策を理解することです
そのためには政治に興味を持たなければなりません

反安倍よ

2004年に逝去した、網野善彦という著名な左翼の歴史家がいる。

この歴史家は、従来の歴史学が「政治」一辺倒であったことを批判し、「政治」の外側にある、「非政治」の領域に生きる人々の暮らしを研究した。

網野善彦が着目したのは、中世の非農業民たちである。農業民たちが、古代以来、「政治」のシステムに組み込まれてきたのに対し、非農業民たちは、「政治」による管理が及ばない、「非政治」の領域で暮らしを営んできた人々だったからである。

『日本中世の非農業民と天皇』という著名な研究で、網野善彦は、山海の特産物を皇室に納める「供御人」と呼ばれる非農業民たちが、歴代の天皇と深い関係を結んできたことを明らかにした。

そのことを通して、本来の天皇が、単なる「政治」的な存在ではなく、「非政治」的な領域に関わる存在であり、明治維新以降の「政治」に偏向していく天皇のあり方が、歴史からの逸脱であることを示した。

網野善彦氏のように、「非政治」の領域に着目し、日本の伝統を深く研究すればするほど、平和主義や環境保全のような左翼的な主張のいくつかは、より深い根拠と根底をもつことになるだろう。

戦争にしろ、自然破壊にしろ、「政治」や「人為」の暴走がまねくものである。

私たちが「非政治」に着目し、そこに根をもつことによって、「政治」や「人為」は最も深い根底から批判されることになるだろう。

「非政治」という根を持たなければ、平和主義や環境運動や「反安倍」のスローガンは、路上で太鼓を叩きながら叫ぶだけの、内容のない、単なるお題目にすぎなくなってしまう。

No title

投票率低いのに政治に関心を持ちすぎている!とかアホすぎる

>小泉政権や安倍政権のような構造改革政権は、大衆が政治に無関心な結果生じたものではなく、逆に大衆が政治に関心を持ちすぎた結果生じている
はぁ? 政治に関心があったらとっくに安倍政権終わってんだろ
構造改革がなぜ駄目なのかもいまだにわかってないのがほとんどだろ
TPPだって反対は3割ぐらいしかいないだろ 輸入肉が安くなって嬉しいとかその程度の知識だろ
支持率下がったのも構造改革批判じゃなくて加計問題や失言のせいだろ

相変わらずネトウヨは現状分析もできないアホだな
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
安倍政権の正体

アメリカ国民の民意に反しても、あくまでもTPPを推進しようとする安倍晋三が、「日米同盟」のためにTPPを推進しているわけではないことはすでに明らかです。 なぜなら日米同盟とは、日本国民とアメリカ国民との融和と相互信頼を前提とするものだからです。 では、「日米同盟の強化」がTPPの目的でないならば、TPPの目的は何であり、それを推進する安倍政権の正体は何なのか。 それは日本人の各自が、自分の頭を使って考え、自分で気付かなくてはならない最も単純で基本的な問いであり、いまさら、誰かにわざわざ懇切丁寧に説明してもらうような事柄ではありません。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。