なぜ、「○○よ」と呼びかけるのか(1)

呼称に隠された日本語と日本社会の問題として。
記事を非表示にしてしまったのでコメントも読めなくなっていますが、「ある建築家の自己分裂(1)」に次の様なコメントが寄せられました。

「〇〇よ」という言い方は非常に印象が悪いです。生理的嫌悪感を呼び起こさせます。8割同意見の人を上から罵倒して悪印象を与えてばかりなのを悲しく思います。


私がコメント欄で誰かと議論するときに、必ず「○○よ」という呼称の仕方をすることに皆さんお気づきのことと思います。

これに対しては、上のような否定的な反応をもらうことが多いのですが、私が議論をする際に、「○○さん」とか「○○様」ではなく、「○○よ」と呼びかけることには、そうせざるを得ないきちんとした理由があります。

話が少し長くなりますが、その理由を説明して行きたいと思います。

これは日本語や、日本社会のあり方が関係する問題です。

これは、なぜ日本は無謀な戦争に深入りしていったのかという問題や、なぜ「進撃の庶民」のような、関係性の中に誰かを巻き込んで暗黙の同化を強要し客観的な事実認識を出来なくさせる集団を日本社会は生み出しやすいのかという問題にもつながっていきます。

私はこれからも、誰かと議論をするときには、相手を「○○よ」と呼びます。

「○○さん」と相手を呼んで行うのは「会話」であって「議論」ではないからです。

「会話」と「議論」は本質的に異なるものです。

どう違うのか、これからわかりやすく説明していきます。

これからお話しする私の説明を読めば、皆さんも誰かと議論するときに、「○○さん」ではなく、「○○よ」と呼ぶようになるはずです。

「○○よ」という呼びかけを「上から目線だ」と的外れな捉え方をする人が多いのですが、この呼びかけが、話者が「上に立つ」ためのものであるどころか、共に「下に立つ」(substance)ための呼びかけであることも理解していただけるようになることでしょう。

(続く)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そんなに顔と実名公開することって重要ですかね?WJFさんだって仕事とかありますし、日常生活もあるわけで、顔も名前も公開してまで運動することってそこまで威張れることですか?
まして、工作員認定とか平気でする人逹もいますし議論の場だったらこうして公開してるわけで、wjfさんの「言ってること」に対してちゃんと言い分があるなら、ここに書くなり動画であげるなりしたらいかがですか?

議論が苦手な日本人

和を尊ぶことは日本人の多くが大事であると認識しており、高信頼社会を築き上げてきた礎でもあります。

しかしながら、論理的に感情抜きに事実関係でもって議論することに日本人は苦手なまま今を迎えています。

このブログでもたびたび指摘されているように、自身の立ち位置との分裂状態が頻繁に起きている人が現れている原因のひとつ思われるのです。

とことんやり合う議論に慣れていないゆえ、空気で分かり合える場合は昔であれば通用しましたが、凄まじい量の情報、グローバリズムが席巻する世界、そして大衆扇動の企てが交差する現在においては、議論できるスキルがあらゆる場面で必要であると考えます。

松本英志さん

(当ブログでは、「さん」をつけてコメントする場合、議論モードではなく、会話モードであることを意味します。つまりこのコメントは会話モードです。)

日本語のもつある特質のゆえに、大方の日本人は議論が苦手です。日本語は構造的に議論に向かない言語なのです。日本人の学者同士ですら、高度な専門用語をふりかざしながら、「議論」ではなく、ただの「会話」にふけっているというケースはよくあることです。

本来議論ができない日本人が、あえて議論をしようとするならば、日本語の性向に逆らって、日常の話法とは異なる話法を意識的に取らざるをえないのです。日常的な話法から一旦離脱しなければなりません。議論が議論として成立するために必要な条件は、それにふさわしい話法を用いることです。匿名か実名かという問題ではありません。そのことをこの記事のシリーズでわかりやすく論じていきますのでお読みください。

WJFプロジェクトよ、そしてWJFプロジェクトへの質問状

そもそもが、「WJFプロジェクト」の構成メンバーとはどこの誰なのか?

自己紹介して、プロフィールを提示してからものを言う、というのが正当に物事を主張する際の礼儀、というものでしょうが?

そのプロフィールも提示できないようでは、匿名の影に隠れてああだこうだと言っている「ネトウヨ連中」と大差ないでしょうが、違いますか!?

そんな事もできない「卑怯者」であるならば、「まともな論議」などできおうはずがないではないか!

こちらは、堂々と実名を提示してものを言っているのだから、あなた方も堂々と実名を提示してものを言う、というのが礼儀というものではないのか?

嘘だと思ったらYouTubeの動画で「松本英志」で検索してみたらいい。

私が街頭でマイクを握って演説している動画がズラズラと出てくるから。

おかげで「警視庁公安部の著名人(要注意人物)」になっているから、今更、逃げも隠れもできない人間となっているんだよ。

こっちは、名前も顔も隠しちゃいないんだ! アホウで卑怯な「ネトウヨ」連中とは違うんだよ!

どうなんですか?

自分の名前も明かせないような人間など、信用できるわけがないでしょうが!

「正真正銘の日本人」であるならば、はっきりと名を名乗ってからものを言ってもらいたい!

それこそが「侍の精神」というものでしょうが!

はっきりと応えていただきたい!


WJFよ
やっと、よ の秘密がわかるんですね。楽しみです
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
なぜ、「○○よ」と呼びかけるのか(8)

誰かを「○○よ」と呼ぶべきか否かという問題は、どうでもよい小さな問題だが、この問題をきっかけにして、これまで考えてきたこと、学んできたことを整理し、あらためて、日本的なものと、非・日本的なものをどう媒介するべきかという問題に、一つに答えを与えてみたいと思うのだ。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。